« 欧米かっ!! | トップページ | だみだ…。 »

2007-06-15

久々映画ネタ。っていうかDVDネタ(笑)

どもKo-yoです。

面白そうなのがいくつか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あるいは裏切りという名の犬」
衝撃の実話を基に、権力志向の強い野心家の刑事
(ジェラール・ドパルデュー)と、彼の策略で投獄された
正義感あふれる刑事(ダニエル・オートゥイユ)の
運命を描いたフレンチノワール。監督は元警官という
異色の経歴を持つオリヴィエ・マルシャル。
ハリウッドではロバート・デ・ニーロ製作による
リメイクも決定した話題作。
骨太なサスペンスと男のダンディズムが堪能できる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダンディズムといえば谷村新司か?
どうでもいっか(笑)
最近リメイクとか多いよね、ハリウッド。
ハリウッド自体が面白い作品生めないって問題だよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「スキャナー・ダークリー」
覆面麻薬捜査官のボブ・アークター(キアヌ・リーヴス)は、
終わることのない不毛な麻薬戦争を繰り広げていた。
自分もドラッグ中毒であるにも関わらず、ドラッグ仲間の
ジム・バリス(ロバート・ダウニーJr.)らの監視を
行っていたが、ある日、上司から自身を監視せよとの
不可解な指令を受け……。
フィリップ・K・ディックの原作を
リチャード・リンクレイター監督が独創的に映像化した
近未来サスペンス。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全編“ロトスコープ”と呼ばれるアニメーションです。
実際の俳優にアニメーターがデジタル・ペインティングを
施して創るらしく、主役がキアヌ・リーブスそのもの。
出てくる人ほとんどがヤク中らしく、
わけがわからんとの声も(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「カオス(CHAOS)」
シアトルの銀行を武装強盗団が襲撃し、リーダーのローレンツ
(ウェズリー・スナイプス)は、交渉人にコナーズ刑事
(ジェイソン・ステイサム)を指名する。交渉中、一味は
警察の裏をかいて逃走してしまうが、銀行からは何も盗まれて
いないことが判明。コナーズは新米刑事デッカー(ライアン
・フィリップ)と組み、不可解な事件を追うが……。
ジェイソン・ステイサム、ウェズリー・スナイプス、
ライアン・フィリップが競演したサスペンスアクション。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジェイソン・ステイサム好きです。
元水泳(飛び込み)選手だったらしいですね。
何といっても「トランスポーター」がカッコ良いですが、
最近いろいろ出てるので、これも見たいうちの一つ。

3本とももうDVDとか出てるので、
買うなりレンタルなりで見れますよー。
オススメするなら「あるいは裏切りという名の犬」かな。

あと、どうでも良いのが1本。
「プレスリーVSミイラ男」
ホラーらしいけど、予告編とか
どう見てもコメディなんだけど(笑)
タイトルにひかれた方はどうぞ(笑)

|

« 欧米かっ!! | トップページ | だみだ…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欧米かっ!! | トップページ | だみだ…。 »